トーナメント型ワークショップ方式

トーナメント型ワークショップ方式とは、
大人数をグループ分けして、同時並行でビブリオバトルを行った後、
各グループのチャンプ本獲得者によるビブリオバトルを開催し、その場のグランドチャンプ本を決める開催形式のことです。

前ページの開催スタイルで言うと、「ワークショップ型」の実施後「イベント型」を実施するということになります。

この方式は、少人数でのゲーム・イベント型のゲーム双方の特徴を体験できることから、ビブリオバトルの体験講座などで用いられることの多いスタイルです。


● トーナメント型ワークショップ方式ビブリオバトルの手順

    1. ワークショップ型ビブリオバトルを実施する。


(↑イメージ図)

参加者をグループ分けし、各テーブルで同時並行にビブリオバトルを行います。
チャンプ本はテーブルの数だけ生まれます。
※タイマーは会場のスクリーンに大写しにしたものでも、各テーブルに置いたものでも構いません。
※各テーブルに、聴講参加者(発表はせず、投票のみ行う人)が加わることもあります。



    2. 各テーブルのチャンプ本獲得者による、イベント型ビブリオバトルを実施する。

(↑イメージ図)

1. で行ったワークショップ型ビブリオバトルでチャンプ本を獲得したバトラーによる、ビブリオバトルを行います。
ここでのチャンプ本を、その場の「グランドチャンプ本」として称えても良いでしょう。





Comments