普及委員会‎ > ‎

後援・協力等

ビブリオバトル普及委員会では,ビブリオバトル関連のイベントや番組,各種活動に対する協力を行なっています.

ビブリオバトル関連イベントに対する支援を「共催」「後援」「協力」という形で望まれる際は,事務局までお問い合わせください.
※なお,金銭的な支援については行なっておりませんので,ご容赦ください.

ご希望がある場合には,下記の必要事項をご記入の上,
ビブリオバトル普及委員会事務局
メールアドレス:
info [AT] bibliobattle.jp
※ [AT] は@に置き換えてください.
までご連絡ください.

1.希望する名義使用の種別(共催,後援,協力)
2.開催団体名
3.開催団体情報(代表者氏名,活動内容,あればURLやパンフレット等の団体情報)
4.担当者氏名
5.連絡先(住所,電話番号,E-mailアドレス)
6.開催内容(開催目的,開催場所,日程,参加申込み方法等について具体的にお願いします)
7.普及委員からの推薦があればその氏名
8.その他、補助資料があればメールに添付してください
 
 
なお,ビブリオバトルの開催自体は,公式ルールにのっとっていただければ自由に開催していただけます.(開催に際する名称利用なども可能)

「ビブリオバトル」の名称利用については,「名称利用」のページをご確認ください.
 

共催,協力などにつきましては,普及委員会で以下のように運用を行なっております.
適宜ご相談ください.

【共催等の手続きについての内規】
主催:
 体制案を作成の上,理事会が決定.
 必ず担当理事を置き当たる.

共催:
 主催よりかは低い位置であるが,主催に次ぐ社会的責任を負う.
 理事会承認.
 必ず普及委員(理事,地区代表クラスが望ましい)を担当につけサポートを行う.
 予算支出を伴う場合は,必ず理事,地区代表or副をつけること.
 ※予算支出については,共催に伴う赤字の発生した場合の補填の可能性などの責任を含む.

協賛・後援:
 人的,広報的,名義的,ブランド的,金銭的に他団体の主催イベントを支援するもの.
 予算支出無い場合は,理事が単独で決定権を持ち理事会への事前に報告する義務を持つ.
 原則として普及委員会からの予算支出は認めない.
 予算支出が発生する場合は,理事会での承認が必要.

協力
 地区代表が決定権を持つ.
 決定の事後で,かつ公開告知(クレジットをつけて)より前に理事会にメール等で報告する義務を持つ.
 Web・広報媒体などでリリースされる前.
 普及委員会からの予算支出は認めない.

-------------------------------------------

2011年12月11日 理事会承認
改定 2013年4月22日 理事会決議
改定 2013年6月9日 総会決議
 
Comments