公式ルール

ビブリオバトル 公式ルール

名称利用等で公式ルールという際には上記,公式ルールの詳細までを含むものとします.


* ビブリオバトル普及委員会では公式ルールの管理を行っております.
 ビブリオバトル普及委員会が設定する公式ルールであり,上記公式ルールをみたしているものをビブリオバトルと考えています. また,ビブリオバトル普及委員会では,上記,公式ルールを守るという条件で,ビブリオバトル開催における名称利用を万人に対して許可しております. とくにご報告等を頂く必要もございません.
 ただし,放送,出版などにつきましては別途手続き等をお願いしております.
 詳しくは,名称利用を御覧ください.


「どうしても,5分で話すのがムズカシイ・・・!」という,小学生等でのビブリオバトル導入では
ミニ・ビブリオバトルの活用をお考えください.



ビブリオバトル公式ルール    

(上のファイルと同様のものの再掲です)  


  1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.

  2. 順番に一人5分間で本を紹介する.

  3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.

  4. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.


公式ルールの詳細


  1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.

    1. 他人が推薦したものでもかまわないが,必ず発表者自身が選ぶこと.

    2. それぞれの開催でテーマを設定することは問題ない.

  2. 順番に一人5分間で本を紹介する.

    1. 5分が過ぎた時点でタイムアップとし発表を終了する.

    2. 原則レジュメやプレゼン資料の配布等はせず,できるだけライブ感をもって発表する.

    3. 発表者は必ず5分間を使い切る.

  3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.

    1. 発表内容の揚げ足をとったり,批判をするようなことはせず,発表内容でわからなかった点の追加説明や,「どの本を一番読みたくなったか?」の判断を後でするための材料をきく.

    2. 全参加者がその場が楽しい場となるように配慮する.

    3. 質問応答が途中の場合などに関しては,ディスカッションの時間を多少延長しても構わないが,当初の制限時間を大幅に超えないように運営すること.

  4. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.

    1. 紳士協定として,自分の紹介した本には投票せず,紹介者も他の発表者の本に投票する.

    2. チャンプ本は参加者全員の投票で民主的に決定され,教員や司会者,審査員といった少数権力者により決定されてはならない.


参加者は発表参加者,聴講参加者よりなる.全参加者という場合にはこれらすべてを指す.


【推奨事項】

・発表の様子は動画にとりUstreamやYoutubeにアップロードして,あとからでもみんなが見れるようにする.



作成 2011年4月4日

改訂 2011年4月25日

改訂 2011年10月31日(理事会決議)

改訂 2012年2月22日(理事会決議)

改訂 2012年12月17日(理事会決議)

改訂 2014年11月7日(理事会決議)※ルールの補足のみ

改訂 2015年1月17日(理事会決議)※ルールの補足のみ

改訂 2016年2月21日(文言修正)※ルールの補足のみ

改訂 2016年8月8日(理事会決議)※ルールの補足を公式ルールの詳細と改称



Comments