なぜ5分なのか?

ビブリオバトルを開催しようとする人,発表してみた人からよく質問を受けます.

「なぜビブリオバトルで発表時間は5分なのか?」

公式ルールでは「5分」としています.
これにもちゃんと理由があります.

このページでは,その理由について,お話しましょう.

ポイント: 「あらすじ」だけじゃなくて,その人がどう感じたか,なぜ読んだのか?

「5分は長い,3分でいいじゃないか.」

と,はじめてビブリオバトルをやってみた人の多くが言います.
しかし,ビブリオバトルを重ね,経験を積んだ 普及委員会のメンバーの考えでは,3分だと,ビブリオバトルの良さは現れてこないと思っています.

3分で話せるのは多くの場合 あらすじ のみ
つまり,本の内容しか喋れないのです.

でも,実は聞き手はあらすじが喋られている間は
「で,で,で,,,で,どうなの?」と,なぜか感じることがあります.

あらすじは 本の帯や裏にかいてあったりしますし,ネットを調べればすぐに出てくるかもしれません.

「その本はアナタ(発表者)にとって どういう意味をもっているか?」という,とても個人的な感想を聞きたくなてくるのですね.

ビブリオバトルのキャッチコピーには,「人を通して本を知る,本を通して人を知る」というものがあります.

その良さが現れてくるには,あらすじ,要約の3分に加えて, 自分の考えや,なぜ自分がこの本と出会ったのか,この本がどういう意味を持っているのか,どういう人が読んだらいいと思っているかを語る2分が必要なのでしょう.

公式ルールの5分には,このように考えぬかれた意味があるのです.

はじめての人は,比較的,あらすじや 本の内容 を話すことに終始してしまい,この 2分 を使えずに 終わってしまうことが多いのですね.

「長い」と思う人も心配要りません.

経験的に,大体ビブリオバトルを3回やると,5分は 丁度いい長さになってきます.
そして5回やったころには「5分じゃ短い」と思うようになってくるでしょう.

一方で,逆に5分以上の長さにするとどうでしょう.
これは簡単です.聞く側が長く感じてしまいますね.

5分が程よい長さ.ビブリオバトル.

基本的には公式ルールにのっとって 一人5分でプレーしましょう.

文責:谷口忠大

ミニ・ビブリオバトル について

大人は5分が丁度のはずです.5分くらいで話せるようになりましょう.
しかし,小学生等は5分が厳しいかもしれません.または,外国語でビブリオバトルをやる際も5分は大変かもしれません.
その場合,発表時間を3分間とするビブリオバトルを普及委員会では,ミニ・ビブリオバトルと呼んでおります.
詳しくはこちら