ミニ・ビブリオバトルとは

このページの要約

  • ミニ・ビブリオバトルとは、ビブリオバトル公式ルールにおける本を紹介する時間を、5分間ではなく3分間で行うものを言う。

  • ミニ・ビブリオバトルは、ビブリオバトルの実施が何らかの事情で不可能な場合に、実施するゲームである。

  • ミニ・ビブリオバトルを行う際には、「ビブリオバトルの公式ルールでは発表時間は5分間であること」を、参加者に周知しなければならない。

ビブリオバトルとは、以下の公式ルールを満たすものを指します。

  1. 発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる.

  2. 順番に一人5分間で本を紹介する.

  3. それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う.

  4. 全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員一票で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする.

しかし、様々な事情から「5分間の発表時間」で実施することが難しい、という声も寄せられています。

そこで、ビブリオバトル普及委員会では、ビブリオバトル公式ルールの中の、「5分間で本を紹介」を「3分間で本を紹介」としたものを、「ミニ・ビブリオバトル」として認めています。

ビブリオバトルの公式ルールを遵守しての実施が難しい場合、ミニ・ビブリオバトルの活用をご検討ください。

ただし、ミニ・ビブリオバトルを実施する際は、必ず「ビブリオバトルの公式ルールでの発表時間は5分間」である旨、参加者に周知いただくようお願いいたします。

(2021年10月6日更新)